若い頃は便秘にならなかったんですが、食事量制限をしだした30代後半から便秘気味になりました

沢山食べてると上からドンドン食べ物が来るので、腸内はすぐ一杯になります。
すると、便が押し出されるので、便秘になりにくかったんだと思います。

しかし中年になると、そんなガツガツした食事をすると肥満化が進みます。
なにより生活習慣病も怖いですしね。
一日の摂取カロリーを1500~2000kcalに意識した食事をすると、便秘が起こりやすくなりました。

便秘改善の為に色々試しました。
ヨーグルトを食べる、乳酸菌サプリの服用、食物繊維の多い食材を食べる等。
その結果、手軽で継続が簡単、コスパもいい、便秘改善効果もあると一番強く感じたのが青汁です。
これは現在も実践しています。

購入した青汁は、それほど高いものではありません。
近所のドラッグストアで購入してるもので、20日分1000円未満とかなりお安くなってます。
買い物ついでに購入出来る手軽さ、そしてこの安さなので経済的負担はほぼなし。

ただ青汁というと気になるのが味ですよね。
以前のテレビCMでも「まずい~、もう一杯!」と悪役俳優さんが演じていました。
たしかに青汁は、美味しいものではありませんが、飲めないほどではないのです。
味の特徴を述べるなら、海苔の風味が強いかなという感じですね。
これは私が関西圏の人間だからかもしれませんけどね。
先日某テレビ番組で大阪人は海苔が大好きだ~とと紹介されてました。
オニギリには海苔を必ず巻きますし、味付け海苔だけをムシャムシャ食べたりなんてことも。
私も海苔は好きなので、恥ずかしながら同様の事をしてました。
だからか、青汁の海苔臭さも全然苦にならず服用出来ました。

ヨーグルトなら数日に一度は購入しないといけませんし(長期保存が出来ない)、食物繊維の多い食べ物を飽きずに食べ続けるのも大変です。
その点青汁なら購入する手間は皆無ですし、水に溶かして飲むだけなので継続も簡単。
ただ工夫にしたのはタイミング、つまりいつ飲むかです。

これが案外難しいんです。
というのも、青汁の説明を見ても何時飲むのがいいか・・は記載されていません。
色々試した結果、一番効果があったのは朝食前です。

一日のスタートに健康食の青汁を飲むのはいいことですし、何よりお水を一杯飲むのが良いようです。

このお水が胃腸を刺激しますし、食事前なので青汁の吸収率もバツグン。
食後には自然と便意を感じ、毎朝快弁出来るようになりました。
青汁だと便秘改善だけでなく生活習慣病予防等の健康効果も期待出来ますし、現在もこの便秘解消法を継続して行ってます。